メインメニュー
最新ニュース
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-13 12:04:44 (348 ヒット)

  喜びと感謝! 【大磯教会保存改修工事】 完成


 桜が満開の季節、3月31日に礼拝堂の改修も終了し、4月5日のイースターは喜びと感謝に満ち、明るくきれいになった会堂で、教会員一同礼拝を守ることができました。


 全国からお寄せいただきました献金とお祈りに心から感謝を申し上げます。


6月頃「登録文化財」として承認される運びで、7月に献堂式を予定しております。新たな気持ちで、主の体として歩む教会が、この地にあってよき働きが出来ますようにと祈ります。


                                              


 [大磯オープンガーデン] 大磯町商工会、観光協会主催で開催されます。


  期日4月24日(金)〜26日(日)  大磯教会も参加します。


 


 


 


 


                


    


                 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-12-26 16:47:34 (417 ヒット)

12月21日 クリスマス礼拝及び祝会が守られました。


☆ クリスマス礼拝


礼拝堂の周囲は鉄骨が組まれ養生中。改修前の最後のクリスマス礼拝が守られました。まもなく改修に入りますので、2〜3か月は新集会室で礼拝を行います。


☆ クリスマス祝会


みなさまのお祈りのうちに、ほぼ完成した新しい集会室での祝会が、感謝と喜びに包まれて行われました。 暖炉の火も暖かさを加え、木の香も心地よく、天井のリングの照明が教会員の笑顔をより明るく照らし、楽しいひと時でした。 


         神に栄光あれ!


         



 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-10-31 17:25:26 (438 ヒット)

40回を超える建築委員会を経て、多くの祈りと教会員はじめ支援して下さる方の献金に支えられ建築工事がスタートいたしました。

 

☆ 8月24日 定礎式

  設計士、工務店、教会員同席の上、鈴木牧師司式で定礎式が行われました。 

 昭和12年に大磯教会の定礎式がなされ、70数年の時をまもられ2回目の定礎式が出来ました

 ことを感謝いたしました。

     「主は教会の基となり     みことばをもて これをきよめ われらを死より

      ときはなちて  仕うる民と なしたまえり。」   ー讃美歌390ー

 

                 

  

                    

☆ 8月26日 牧師館、集会室等解体工事

 多くの先達の祈りと学びの場、幼稚園の子供たちの思い出などの詰まった集会室が解体され、

 新たな信仰の場としての集会室と牧師室他が新築されます。

 

                 

 

☆ 10月14日 上棟式

 前日までの台風の襲来で棟上げが危ぶまれていましたが、当日は快晴に恵まれ、順調な

 運びで基礎の上に柱が立ち、そのもとでの上棟式が出来ました。

 

「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。

 わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲い掛かると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」

                       マタイ7:24〜27

 

       

 

 

  これから1歩1歩進んでいく建築の様子を見守りつつ、建築同様に私たちの信仰も築き

  上げていく思いを新たにいたしました。

         これからもよろしくご支援をお願いいたします。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-07-29 21:41:17 (556 ヒット)

*保存改修工事 設計監理業務はミームズ一級建築士事務所、施工業者は大磯町の(株)大創建設に決定し、いよいよ8月末より 新築部分(集会室・牧師室)の解体工事着工予定です。会堂の保存改修工事は来年1月〜2月の予定です。


*7月25(金) 文化庁より現地調査が行われ、国有形文化財の登録に向けて動きだしました。
 

*全国より協力献金が寄せられており教会員一同感謝しております。

  引き続き御加祷、ご支援お願いします。

 

 

                          

                 

                                    

                                             


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-11-12 16:05:06 (758 ヒット)

10月・・・ミームズ建築設計事務所との討議の結果、礼拝堂は保存改修とし、一部新築で教会付属施設を充実させることで設計案がまとまり、建築委員会で決定、教会で承認した。
    なお牧師館は資金の関係から将来増築できるようにし、今後の課題とした。


11月2日
・・・文化財登録に向けて、文化財保全調査室・狩野勝重氏、日本建築学会員・松嶋氏ほか数名で耐震、構造調査が実施された。


入口の門や会堂正面の講壇は昭和初期のものとして、文化財としての価値があるとの話でした。2014年末の完成に夢を描きつつ、教会員一同、主の栄光を表す教会の建築を祈り、歩みを進めてまいりたいと思います。


資金面ではまだ困難がありますが、献金が満たされることをお祈りください。


                                  下記の写真は調査風景と、大磯教会の「門」です。


(1) 2 »